仮想通貨情報いち早くお届け!

暗黒期をようやく抜けるか期待すべき通貨

1月16日の暴落から暴落→ハッキング→暴落→ちょいあげ→暴落
いつのまにか12月下旬の水準からは遠い遠い値となりました。
右上がりに少し上がれば、大きな右下がり。精神的にも参った方が多いかもしれません。

ようやく全体に復調の兆し

1月は大幅なマネーが仮想通貨から出て行きました。
そして凍結されています。
コインチェックにおいてある仮想通貨達は取引が出来ずただただ暴落を見るのみとなりました。
長い長い暗黒期になっていると思います。しかしここに来てやっと全体が右上がり。

税金との戦いもこれから始まる中、破産を申請した方もいるとか。

これから春にかけて気温と共に徐々に上がってくると思います。
ポジティブに考えていいと思います。
1月ははっきり言って恐ろしい上がり方でした。インスタ映え状態でした。
ブームとは本当に恐ろしいものです。
こういった急激な高騰と暴落を繰り返し来年末はいくらを迎えるんでしょうね。

投機から実装に向けて走っていく各仮想通貨

私としてはTRFに期待しております。
イーサリアムは勿論のこと、リップルやネムこれからはどんどん社会に実装されていくでしょう。
12月は提携や上場発表されただけで暴騰を繰り返してきましたが今ではそんなことはなく
暴騰するのはBINANCE上場位でしょうか。
それぞれが各通貨に期待して長期投資に向かっていく2018年になっていくと思います。
少し落ち着いてみてはどうでしょうか。

なぜTRFに期待するのか

あくまで私の考え方です。
価値が上がるのは需要と供給です。
需要というのはどういったキッカケで爆発するかわかりません。
消費者は流行色といったその前の年かのインクの売れ残りに飛びついたりするわけです。
いつだって消費をするのは流行、若者。
一部のブレインはそれを見越して稼ぐ方に回っていて、ほとんどの人は勝手に消費だけしていくのです。
TRFは色々な所に上場を目指しています。
それでも勿論流動性は上がり価値は上昇していくと思われますが、
旅行は地雷と言われ、ICOは詐欺だと言われ散々なTRF。
旅行というのは消費側の人間がたくさんいるのです。
稼ぐ方の人間というのは、今仮想通貨が盛り上がっていて多いと勘違いしてしまいますが実際は1割にも満たない。
旅行会社と本当に提携出来実装できるかが鍵にはもちろんなりますが、
そこはロードマップに期待して投資というわけですね。
仮想通貨が普通になった世界で求める旅行好き消費者はたくさんいます。
旅行マーケットというのはとんでもなく大きいです。
色々な世界行きたいですもんね。
順調にいけば数年後には数TRFで旅行が出来るかもしれないですね。
トラベルフレックスについてはこちら

超注目ICO(TRF)!トラベルフレックス!

トラベルフレックス/TRF不安を解消できる?

まとめ

はっきり言って夢物語かもしれません。
本当にどうなるかわからない開発の世界。
数年後の未来はどの通貨が生き残り、どのような世界が来るのか。
この時代に生きているのが最近は本当に嬉しくなっています。
スマートな社会、楽しみですね。
悲観せず、ポジティブにいきましょう。

 

スポンサードリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

スポンサードリンク