仮想通貨情報やFX投資日記!

コインチェック補償方針決定!

2018.01.29

コインチェック補償方針決定! はコメントを受け付けていません。

先日の580億円GOX事件から1日で早くも補償の対応がコインチェックから発表されました。
被害にあった顧客は26万人。
早急な対応が待ち望まれる中、コインチェック側は迅速な対応を見せました。

被害補償内容

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。
以上がコインチェックより発表された補償内容です。
とりあえずNEMは帰ってこないものの、
ひとまずお金が返ってくることに一安心です。

強制損切り人口も相当数存在

素直にお金が返ってくることにまず喜べますが、
まずは強制利確となってしまうのかどうか。
長いこと30円以下だったNEMは年末にかけて大きな上昇となりました。
1月16日の中国規制ショック前では170~200円を推移していましたので
その時点で買った方も多くいると思われます。
1月の21日辺りにも暴落し120円位になたNEMはコインチェックショックにより
大幅にその値を下げ一時は70円台まで大きく下落し後退しました。
その中での補償の決定。
その値段は88円程、損切りになった方も相当数いるはず。
去年組は大きく利確され税金発生と共に、NEMが欲しい場合はまた買いなおすこととなります。
相場の推移は70~80円にいたNEMがコインチェック補償発表と同時に大きく上昇。
盗まれたNEMが現在凍結されているため新たにNEMを買い戻さなければなりません。
その先を予想した投資家達が一斉にNEMを買い一時120円まで上昇しました。
現在は110円辺りを推移しているため、NEMの枚数は大幅に減ってしまう+補償の順番によっては26万人もいるため、先に補償もらった方が大きく優位にたってしまう可能性もあります。
26万人同時にJPY返金なんて出来るのか。まぁ無理でしょうね。

コインチェックの信用は落ちた

まずは上記の理由によりユーザーが損することとなっています。
460億円の一部は、返還後一部を除いてまた仮想通貨市場に流れてくると思われ
その後の相場に大きく影響します。
そういったことがユーザーの不満を買うことも勿論あり、すでにtwitter上では不満も出ています。
しかしコインチェックからの補償金に対して税金が発生しないといった噂もあります。
実際どうなんだろう。こんな記事もあります。

これが事実であれば厳しいですね。

まとめ

コインチェックの補償内容はまず帰ってくることが素晴らしいとは思いますが、
大きな過失、マルチシグ未対応、コールドウォレット技術不足で不可の二点により
大きく信頼を落としているのは間違いないと思われますので
今後の仮想通貨市場含めてコインチェック社自体の信用も回復していってもらいたいと思います。
しっかり書いてありますからねHPに。
JPYで返ってくるとしても、即出金は不可能だと思います。
皆さんがコインチェックを今後も使うことで、
手元に460億が返ってくると思いますので信用回復頼みます。和田さん。

スポンサードリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

コメントは利用できません。

今すぐ始めよう!追証なしのビットコインFX!

TAG index

スポンサードリンク