仮想通貨情報いち早くお届け!

全通貨大暴落、度重なる下落で11月下旬の水準へ

2018年01月は仮想通貨界隈が大変な盛り上がりを見せました。
12月のボーナス砲から始まり1月には新規口座開設がパンク。
どこも開設に大きな時間を要し、市場は大拡張、通貨全体は10倍~100倍等の通貨が多発しました。

度重なる下落で12月下旬の水準へ

12月末から1月にかけて大きく上昇したため急いで全力買いした方も多かったのではないでしょうか。
しかし利確すると税金が発生、20%~55%まで取られてしまうということでホールドした方も多いと思います。
一時マカフィー氏含むインフルエンサーの発言が一言あればその価格はたちまち2~3倍にはすぐなってしまうという非常に荒れた相場でした。
ブーム化した煽りからか日本でも大きく話題になりました。
1月16日辺りからの中国、韓国で仮想通貨規制、クラッキング被害、各地でネガティブニュースが相次ぎ
1月の後半は常に下落。上がってもすぐに下落してしまうといった相場の状況となっています。
そして昨日からも大きな大きな下落、大暴落といっていいのではないでしょうか。
グラフを見てみると軒並み全通貨が右肩下がり。

通貨の値は11月下旬頃と同じような状況になっています。
恐らく12月から始めた方が日本では多くガチホを決め込んだにも関わらず余りにも大きな下落で退場者も多く出てしまったのではないでしょうか。
それだけ12月後半から1月前半にかけての仮想通貨は異常な上がりっぷりだったと思います。
12月以前から始めていた人は、結果的にゆっくりの上昇になったなという感じでしょうか。
長期的に見れば悲観することは余りないのかなと思っています。

一回大きく上がりすぎた反動

始めたばかりの異様さが解らず寝てれば金が増える状態に一度陥り、しかも大金が増えていく。
勢いがありすぎて仕事辞めちゃった人も1,2人はいそうw
それだけに今回の暴落続きはメンタルがやられたでしょうね。
私も期待しすぎて少しメンタルがやられましたが今はもう忘れることにしています。
ICOもメンタルがやられてるんで傍観しています。
ICOはどこか投機的な所があるので有望であれば上場してからでも遅くはないかなと個人的には思っています。

まとめ

恐らく私も含め投資というものを始めたばかりの方も多いと思います。
12月から始めて1月損切りで退場を決めないようにと願います。
銀行に預けていてもこの先あるのかどうか。
しっかりと未来を考えて進んで行きたいですね。
投資は忘れろ。というのが藤田氏の教えです。



スポンサードリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

スポンサードリンク