仮想通貨情報いち早くお届け!

ブロックチェーン簡単解説!

あけましておめでとうございます。2018年に入り、
更にブロックチェーン技術が浸透してくるこの年に自分用も兼ねてブロックチェーンをまとめたいと思います。
現在はブロックチェーンなんて知らずにbitcoin買いまくってる人もいますがこの先誰もが知ることになりますね。
まずは、

ブロックチェーンって何?

ブロックチェーンとはブロックと呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、
鎖(チェーン)のように連結していくことによりデータを保管するデータベースのことです。
ナカモト サトシによって生まれたアイデアでたまにbitcoinで~satoshiって単位が出てくるのもそのせい。
ブロックっていうのは複数の取引でその中にある個人のやりとりは
トランザクションといいます。
最近送金詰まりとかでこういう文字列を確認した人は多いのではないでしょうか。
色々ありますが適当に言うと、取引等の情報を発信したら
ブロックに書き込まれそれをみんなが共有するってシステムです。
ブロックっていうのはノートの1ページみたいなものです。そこにトランザクションがたくさん書かれています。
つまりあなた自身がなんか取引したら書き込まれてるわけです。
ビットコインとはこのシステムを利用してお金のやりとりをする仕組みです。

ブロックチェーンの何が凄いか

これはまず整合性を勝手に取り上書きされるってこと。
P2PでPCを繋ぎそれをたくさんのPCが監視しているって感じかな。
P2Pとはコンピュータ同士を対等に通信する手段です。
サーバーとクライアント通信ではないためサーバーが落ちることもありません。
色々な所で書かれていますがまず不正が不可能です。
なぜならその情報が色々な所で共有されていて一つを書き換えたってすぐ上書きされることです。
これでは不正の仕様がありません。不正をするのであれば全てのPCに不正をしなければなれません。
不可能ですね。そしてそのおかげでトラストレスで取引が出来るわけです。
トラストレスとは信頼する第三者が必要がないということです。
これは素晴らしいことで信用を持ちつつ、世界で取引出来るということ。
この先ブロックチェーンが浸透していけば、
リアルタイムでブロックがどんどん作られていって
AKB48の選挙で誰がトップなのかリアルタイムで増えていくのが見えて行きますよ。
あくまで一例ですが。
凄くないですか?票数が足りなければ見ながらCD買いにいって追加しまくればいいんです!
リアル選挙も不正が不可能になり、1票の大事さがわかったりすると思います。
選挙じゃなくて色々な取引でも同じです。
勿論、トランザクション自体は匿名性を作る技術もありますのでどちらにも対応できます。

中央システムを不在にできる

これも色々な所で書かれてますよね。
これは上記でも説明した通り、データをすぐに共有して不正がないか調べれば
もう中央システムなんていらないわけです。中央システムっていうのは
不正がないか調べたりする人や選挙開票する人
つまり色々な所で確認作業してる人いらないわけですね。
手間だし不正出来るし、適当にやってる人もたくさんいそうだし
もういらない。コストも大幅に削減出来て、意味がない。
こういった仕事は何年後かには全て無くなってしまうでしょう。

まとめ

簡単にブロックチェーンをまとめてみました。
この先ブロックチェーンが持つ技術で大きく仕事がなくなるでしょう。
そういった仕事をしている方はすぐにでも新しいことや今後の自分にチャレンジしてみましょう。
日本はまだネット投票すらなく、ブロックチェーンをいう更なる技術にも
世界から遥かに後れを取ると思います。仮想通貨の法もどうなることやら。
世界に負けずにどんどん技術革新を取り入れる若い権利者を待ち望む所です。

今年もよろしくお願いします。

スポンサードリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

スポンサードリンク